行政書士VS司法書士 難易度比較!

*

行政書士VS司法書士 難易度比較!

「行政書士」と「司法書士」の違いがよく分からない…

という人は沢山いると思います。
というのも、行う業務が重なっている場合も多いからです。
もちろん「司法書士」や「行政書士」にしかできない、
業務も沢山あります。
最近では、その特性を活かして両方の資格を取る
ダブルライセンスの方も増えています。

ではどちらの資格の方が難易度が高いかと言えば、
やはり司法書士でしょう。

法務省のホームページでも、
平成25年度の合格率を見ると3.5%となっています。
行政書士が10.10%なので、数字を比べても一目瞭然です。
目安となる合格までの勉強時間も3000時間と、
行政書士の倍以上になります。
1年で合格しようとしたら、1日8時間以上の勉強が必要となります。

司法書士は働きながら一発合格を目指す!には難易度が高い!
といい切れる資格だと思います。

どちらを取ろうか漠然と考えている人なら、
「行政書士」から目指してみてはいかがでしょうか?

勉強内容も重なる部分があるので、「行政書士」に合格した後に、
「司法書士」を目指せば、難易度は多少低くなると思います。


>NEXT> 行政書士VS社労士 難易度比較!


>>行政書士試験の合格率をあげるのに最適な教材は?

行政書士VS司法書士 難易度比較!関連ページ

行政書士の独立開業の難易度は?
合格した後、求人もなく、しかたなく独立開業する人が多いのが実情です。 もともと独立系の資格なので、 独立開業の […]
行政書士の就職の難易度は?
合格したら次は就職なのですが、この就職の難易度がかなり高いです。 というのも、行政書士はほとんど求人がないから […]
行政書士VS社労士 難易度比較!
社会保険労務士とは、社会保険と労働保険に関して、 行政機関に提出する書類や帳簿の作成や相談を行う資格です。 現 […]