行政書士の独立開業の難易度は?

*

行政書士の独立開業の難易度は?

合格した後、求人もなく、しかたなく独立開業する人が多いのが実情です。
もともと独立系の資格なので、
独立開業の難易度もそんなには高くはありません。

ただ、試験に合格しただけでは、
行政書士を開業することはできません。
まずは、日本行政書士連合会の行政書士名簿の登録を
受けなければなりません。
必要な書類を提出し入会金を払うのですが、
この入会金が各都道府県によって金額が違います。
例えば、東京ですが、
入会金200,000円、登録手数料25,000円、行政書士会会費三ヶ月分18,000円、東京行政書士政治連盟会費3,000円、登録免許税(収入印紙)30,000円、合計276,000円が必要になります。
これが岡山だと入会金150,000円、
大阪だと入会金250,000円になります。
こんなにも金額に差があるなんて、少し不思議ですよね。

この「行政書士政治連盟会費」を払うのは任意になっているそうですが、
「私は払いません!」というのは、
なかなか勇気がいることだと思います。

それから業務に必要なものとして、職務上請求書がありますが、
5万円〜7万円ほど見込んでおこば大丈夫だと思います。
最初事務所を自宅にすれば、
さほど初期費用はかからず開業することができます。


ただ、開業したからといってすぐに仕事があるわけではありません。
家の中にいてもどこからか仕事が舞い込んでくるわけではないので、
「ホームページを作る」「チラシを配る」「営業をする」
などの地道な活動が必要です。
行政書士会で開く「勉強会」や「研修会」で知り合った
行政書士の先輩から仕事を紹介してもらえることもあるので、
積極的に参加をして人脈を広げた方がいいでしょう。

最初のうちは費用をかけず、コツコツお客さんを増やしていって、
開業後2年ほどで軌道に乗せ、事務所を大きくしたり、人を雇ったりする、
というパターンが多いようです。


>>行政書士試験の合格率をあげるのに最適な教材は?

行政書士の独立開業の難易度は?関連ページ

行政書士の就職の難易度は?
合格したら次は就職なのですが、この就職の難易度がかなり高いです。 というのも、行政書士はほとんど求人がないから […]
行政書士VS社労士 難易度比較!
社会保険労務士とは、社会保険と労働保険に関して、 行政機関に提出する書類や帳簿の作成や相談を行う資格です。 現 […]
行政書士VS司法書士 難易度比較!
「行政書士」と「司法書士」の違いがよく分からない… という人は沢山いると思います。 というのも、行う業務が重な […]