行政書士の就職の難易度は?

*

行政書士の就職の難易度は?

合格したら次は就職なのですが、この就職の難易度がかなり高いです。
というのも、行政書士はほとんど求人がないからです。
合格すれば実務経験を積むことなく独立開業することができますが、
それはなかなか難しいです。
というのも、試験に合格するために必要な知識と、
実務をする上での必要な知識が大きく違うからです。

補助員でもいいという方なら、
求人が全くないわけでもないので、
最初は補助員で実務経験を積んで、
それから独立開業してもいいかもしれません。
ただ、事務所によっては、そういった形態を嫌がる場合が多いので、
最初に相談してみましょう。
補助員は行政書士の資格がなくても出来るので、
試験を受ける前に補助員で働いて、
行政書士の業務内容に強くなれば合格の近道になりますよ。

どんな業務があるのか知りたい

行政書士は業務内容も多く、そもそもどんな業務をやっているか知りたい!
という人は、行政書士が開いているセミナーに参加してみてはどうでしょう。
実際に現役として仕事をしている人の話を聞くのはとても為になるし、
自分がこれから進むべき道をイメージしやすくなります。
「行政書士 セミナー」で検索すると、
色々なセミナーがヒットします。
「実際どんな業務があるのか?」「年収はいくらくらいなのか?」
「独立開業するテクニックは?」などなど、
現役行政書士の本音を聞く事ができますよ。


就職するには役に立つ?

就職難と言われている時代。
就職するのに有利だから…という理由で行政書士の資格を取ろうとしている人がいるならば、辞めておいた方がいいでしょう。
行政書士は独立系の資格であって、
決して就職するには有利にはならないからです。
就職に有利と考えるなら、簿記や社労士の方がいいのではないでしょうか。


>NEXT> 行政書士の独立開業の難易度は?


>>行政書士試験の合格率をあげるのに最適な教材は?

行政書士の就職の難易度は?関連ページ

行政書士の独立開業の難易度は?
合格した後、求人もなく、しかたなく独立開業する人が多いのが実情です。 もともと独立系の資格なので、 独立開業の […]
行政書士VS社労士 難易度比較!
社会保険労務士とは、社会保険と労働保険に関して、 行政機関に提出する書類や帳簿の作成や相談を行う資格です。 現 […]
行政書士VS司法書士 難易度比較!
「行政書士」と「司法書士」の違いがよく分からない… という人は沢山いると思います。 というのも、行う業務が重な […]